• ホーム
  • AGA治療薬プロペシアについて知りたい!

AGA治療薬プロペシアについて知りたい!

ブラシで髪を梳かす男性

プロペシアは飲む育毛剤とも呼ばれている内服薬で、アメリカの製薬メーカーが開発したfinasterideを主成分としています。
このfinasterideは、前立腺肥大症の治療薬として5mg錠で商品化された後に、身体への負担を考慮して1mg錠での研究が進められた結果AGA(男性型脱毛症)に対しての有効性が確認されたために、こちらを適応症として1997年にFDAから認可されています。

なおプロペシアの作用機序は、II型5α-reductaseの活性を阻害するというシンプルな内容です。
このII型5α-reductaseは男性ホルモンのテストステロンをDHTという物質に変換するというステロイド代謝酵素の一種です。
つまり、この還元酵素を阻害することにより、DHTの生産量が減少することになります。

このようにプロペシアには脱毛防止や発毛を促進する直接的な効果は何もありませんが、厚生労働省が承認する際に1年間かけて実施した臨床試験によると、被験者の58%に軽度改善以上の効果が認められています。

それでは、何故このような効果が発揮されるかというと、DHTの生産量が減少するからです。
このDHTは悪玉男性ホルモンとも呼ばれている物質で、AGAの根本的な原因です。
この物質が毛根内部に存在している受容体と結合する事により、ヘアサイクルが狂わされてしまうのです。

ちなみに、AGAの発症に関与している受容体は生え際から頭頂部にかけての毛根内部に存在しているので、薄毛はこの範囲に集中して発症します。
つまり、この部分が薄くなっているような場合は効く可能性が高いという事です。

一方、プロペシアの副作用としては、性欲の減退など性機能に関する問題が報告されています。
また、妊娠中や授乳中の女性が服用すると胎児に副作用が発症するリスクがあるので、禁忌とされています。
さらに、経皮から吸収する可能性があるので、これらの状態の人と同居している場合は十分に注意して管理しなくてはなりません。

なお、AGAは基本的には生理的な現象の一種で、進行しても健康へ影響はありません。
このために、この症状を改善するための治療は美容目的と認識されるので、健康保険が適用されない自由診療に分類されます。
つまり、プロペシアの値段は処方するクリニックにより違うという事で、平均的な値段の相場は6,000~8,000円程度となります。
継続的に服用するなら通販でプロペシアをまとめ買いされた方が安く済むので検討されるとよろしいです。

通常の抜け毛とAGAによる抜け毛の見分け方

プロペシアは、髪の毛に対しての直接的な効果は全くないので、AGA(男性型脱毛症)以外の薄毛に対しては有効ではありません。
このために、プロペシアを服用する場合は本当にAGAなのかを事前に確認しなくてはなりません。

ちなみに、プロペシアを処方するクリニックでは、家族歴・薄毛の範囲・脱毛の経過などを確認して診断します。
これは、AGAは遺伝的な要因が発症に大きく関与しており、特定の部分の髪の毛が薄くなるという特徴があるからです。
また、テストステロンの分泌量が急激に増加する思春期以降に発症して徐々に進行するので、どのようにして薄毛が進行したのかも問診により尋ねられます。

なお、このように専門的な調査以外でもAGAかどうかを見分ける方法があります。
それは、抜け毛の状態に注意するというものです。
この方法が何故有効かというと、AGAはヘアサイクルが狂わされることで薄毛が進行するので、抜け毛の大部分を短いものや細いものが占めるようになるからです。

つまり、抜け毛のほとんどが短いものや細いものになり、生え際から頭頂部にかけての部分が薄くなってくるとAGAである可能性が濃厚という事になります。
また、これに加えて兄弟や母方の祖父が薄毛の場合は確率はさらに高くなります。
何故なら、AGAの発症に大きく関与している男性ホルモン受容体遺伝子の遺伝子多型はX染色体上にあるからで、母方の祖父から遺伝するためです。

なお、このように抜け毛や薄毛の状態、家族歴からAGAである可能性が高いと判断した場合は、次はこれに対処するためにプロペシアを入手することになります。
現在では通販などでも購入することは可能ですが、副作用のリスクもあるので専門外来を設置している医療機関で処方してもらうのが最も賢明です。