AGAは食事で改善できる?

まだ若いのに薄毛が徐々にひどくなっていくという悩みを抱える人が、この現代には少なくありません。
近年、これら薄毛の症状をAGAと呼ぶことがあり、その改善策などもたくさん出ています。
たとえば、この世の中には効果的なAGA治療薬などもかなり登場していますが、これを使用しての治療方法は、やはり継続して使って行かなければあまり効果は見られません。

また、生活習慣の乱れを正すことも改善策として勧められています。
生活習慣は毎日の食事を始め、睡眠不足や運動不足などを改善させていくというもの。
過度の喫煙や飲酒なども控えることが大切です。
さらに現代人に多く見られる傾向としては、日々の生活の中で知らずにストレスを蓄積してしまうということがあります。
このストレスも実は薄毛の原因として考えられています。

このようにAGAの治療方法はいくつか種類がありますが、治療薬などを使うときは継続させて使わないと意味がないために、かなりお金も必要になってしまいます。
また、その治療薬が自分に合うかどうかも判断しかねるということもありますから、時間もかかってしまう場合もあるわけです。
こうした難点をカバーして上手にAGAを改善させるたに、食べ物から見直すという方法も最近では注目されています。

偏食というものは薄毛と大きく関係しているので、まずは食べ物で栄養バランスの偏りをなくすことから始めるのが肝心です。
この点、現代人は何かと規則正しい食事や必要な栄養素を摂取することがとても難しいという場合があります。
しかし、不摂生な食事を続けてしまうと栄養素が偏り、皮脂の分泌が増えたり、あるいは血流を妨げたりします。
この血流も重要で、滞ってしまうと血行不良を引き起こし、頭皮の環境を悪化させてしまいます。

薄毛解消のためにおすすめしたい栄養素は、タンパク質を始め、ビタミン類、ミネラル、イソフラボン、そしてカプサイシンなどけっこう耳にすることが多い栄養素ですが、これらの栄養素は頭皮環境の改善に有効とされる成分です。

薄毛を予防する食べ物と促進する食べ物

前述したAGA改善に必要な栄養素を含む食べ物を食することが大切なのですが、では実際にはどういう食べ物がおすすめなのかと言えば、まずタンパク質を多く含む物で代表的なものは、動物性タンパク質なら牛乳やチーズ、ヨーグルトなどがあります。
植物性タンパク質なら大豆やナッツ類、特に大豆製品の効果は有名です。

ビタミン類をたくさん含む物は、ビタミンAならホウレン草やニンジン、レバーなどで、ビタミンBはわかめや卵、海苔などです。
ミネラルはイワシを筆頭に、わかめやひじきなどです。
それからイソフラボンは大豆製品になります。
即ち、豆乳、納豆、大豆、豆腐です。

これらに対して薄毛を促進してしまう食べ物もあります。
これは充分に注意が必要です。
頭皮に良くない食材は、大まかに言えば糖分の過剰摂取や高脂肪の食材ということになります。
これらは何も薄毛だけではなく、肥満などを引き起こしてしまう恐れも充分にあるわけです。

まず、糖分を摂取してしまうとビタミンB群や亜鉛などが糖分を消化します。
しかし、その糖分が多ければビタミンB群や亜鉛などが使い切られてしまう。
これらの成分は育毛に必要なものですから、なくなってしまえば育毛は望めません。
さらに高脂肪の食品はカロリーが高いことで有名ですが、カロリーが高いと血管を詰まらせてしまい、血流を悪化させてしまう恐れがあります。
そうなってしまえば体の至る所へ血液を送ることができませんので、当然ですが支障が出ます。
頭皮にも栄養が行き渡らなくなってしまうわけですから、薄毛を促進してしまう結果にもなるわけです。

今、肥満はかなり問題視されています。
この肥満の主な原因は脂質や糖質の過剰摂取であると言われ、またアルコールなどの影響も確実にあるわけです。
特に脂質の食べ物には充分に気を付け、アルコールもほどほどに嗜むという姿勢が大切になります。