• ホーム
  • 頭皮のかゆみの原因と対策

頭皮のかゆみの原因と対策

頭髪の悩みのひとつに、頭皮にかゆみがあるといったものがあります。
そのような症状が出てしまう理由としては、頭皮に何らかの炎症が起きている可能性があり、それがかゆみとして感じられるのです。
そのように頭皮に炎症が起きることでかゆみがでてしまうことには原因がいくつかあり、人によっては複数の要因が重なり症状がでてしまうなどの状態も考えられます。

原因の主なものとしては、頭皮の乾燥やシャンプーなどの刺激によるもの、また体の健康状態からくる何らかの皮膚への影響などがあります。
頭皮が乾燥することにより起こる症状としては、肌の角質がはがれてしまうことが考えられます。
これがフケとなるのですが、角質がはがれてしまうことにより頭皮はより外部からの影響を受けやすい状況となるため、かゆみを感じやすい状態となってしまいます。
そのため、フケなどが多いと自覚されている場合には、頭皮の乾燥について一度考えてみるとよいでしょう。

また、シャンプーやコンディショナーが肌にあわない、刺激が強く感じられ、影響が出てしまっているといったこともありえるでしょう。
シャンプーやコンディショナーについては、日常的に利用しているものであっても洗い残しがあることで頭皮に影響がある、また利用方法によっては頭皮にダメージを与えてしまっているなどの場合も考えられます。

また、もともと何らかのかゆみの症状が皮膚にでる病状をお持ちの場合には、それが頭皮に現れてしまうといったこともありえるでしょう。
そのような方の場合には、健康状態を改善することでかゆみがおさえられることもあります。
またストレスによりかゆみが出てしまうと言ったこともありえるため、生活リズムを整えることやストレスを効果的に解消するなど、生活スタイルを改善することで症状が改善する場合もありえます。
生活リズムの中に頭皮に効果的なマッサージを取り入れ血行をよくするなどもひとつの方法となると言えるでしょう。

頭皮トラブルは皮膚科で診てもらえる

頭皮のトラブルを抱えてしまったとき、どのように対処すればよいのか迷われる方も少なくないのではないでしょうか。
自分である程度のケアをし、原因を考え、血行を整えるなどの頭皮環境によいと思われる行動をしても、なかなか思うような効果となって表れないこともありえます。

そのような場合には、皮膚科を受診することもひとつの選択肢となりえます。
頭皮のトラブルで病院を受診することにためらいを感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、市販されている薬や自分でできる対処方法をしても改善がみられない場合には、皮膚科にて医師の診断を受ける方がよい場合もありえます。
その理由としては、自分では明確に頭皮トラブルの原因を認識することが難しい場合もあるためです。

頭皮も皮膚ですので、何らかのトラブルが生じた場合に受診をするところは、皮膚科となります。
皮膚科の医師に相談をすることで、医学的に症状を確認してもらうことができ、また薬を処方してもらうこともできるでしょう。
市販の薬や自己対処で問題が解決しない場合には、カビが原因となっているものや症状が繰り返されるため個人では対処しきれないものなどもあるため、医師に診てもらうことは大切となります。

病院で診てもらった場合に受けられる治療内容としては、まずは症状を確認してもらい、診断後に症状にあわせて炎症を抑えるための塗り薬やかゆみを緩和するための薬をもらうことができます。
塗り薬だけではなく、状態にあわせて飲み薬などが処方されることもあります。
また、症状を改善するために生活習慣などについていくつかのアドバイスをもらえる場合もあるでしょう。
頭皮の症状にあった洗髪についてのアドバイスなどもいただける可能性もあります。