• ホーム
  • 日本で認可されたミノキシジルはリアップのみ

日本で認可されたミノキシジルはリアップのみ

AGAの治療に効果的であるとされている成分にミノキシジルがあり、外用薬である育毛剤と内服薬であるタブレットが存在しています。
ただし、日本で認可されているのは育毛剤であり、銘柄もリアップだけです。
口コミではミノキシジルが含まれている育毛剤は他にもロゲインやツゲインなどが紹介されていますが、これらは日本では認可されていません。

日本で認可を受けているリアップは外用薬であり、副作用の危険性が少ないため、医療機関で診察を受けて処方してもらわなくても購入できます。
一般的な薬局やドラッグストア、医薬品を取り扱う通販でも販売されています。
そのため、価格は安いものではありませんが、購入するのは手軽です。

これに対してロゲインやツゲインは未認可の医薬品であり、薬局やドラッグストアで販売するのは違法になるため取り扱っておらず、購入方法は個人輸入を利用した通販になります。
言語の問題はありますが、個人輸入代行業者を利用することで簡単に購入が可能です。

なぜリアップだけが認可を受けているかというと、その後にミノキシジルが原因で副作用が出ているという誤解で問題が起きた影響です。
早い段階から認可を受けていましたが、当時のリアップはミノキシジルの含有量が現在よりも少ないものでした。
しかし、知識が不十分であることから、リアップに含まれる他の成分が原因で引き起こされる異常がミノキシジルによるものと誤解され、以降は認可をしない方針になっています。

現在はミノキシジルを含む外用薬の安全性や利用するための注意点などが知られているため、リアップは多くの人に利用されています。
過去に誤解されていましたが、現在でも薬局やドラッグストアで販売されている安全性の高い医薬品です。
偽物を購入する危険性のあるロゲインやツゲインなどよりも国内で製造され、正規の流通ルートが存在しているリアップの方が安全に利用できるので、AGA治療を行う際には検討してみると良いでしょう。

ミノキシジル配合のリアップでAGA治療

ミノキシジルを配合したリアップでAGA治療を行うときは、その配合量にも注目した方が良いです。
1%のものと5%のもの、配合されていないものがあります。
量が多い方が高い効果が期待できますが、副作用の危険性も高くなるので、体質に合っている商品を選ぶと良いでしょう。

ミノキシジルは元々は高血圧の治療薬でしたが、脱毛の症状がみられることから薄毛の治療薬が開発されるようになりました。
血管を拡張して血流を改善したり、成長因子を促進して発毛させる作用があります。
しかし、そのまま錠剤で使用すると血圧が下がり過ぎる、全身で発毛が起きるなどの危険性があるため、薄毛治療のために認可されているのは外用薬だけになります。

育毛剤は様々な商品が販売されていますが、それらは頭皮環境を改善することが目的であるため、薄毛の予防はできても発毛は行えません。
しかし、ミノキシジルを配合するリアップであれば発毛も行えることが大きな違いです。

なお、リアップを使って実際に改善効果を感じられるようになるまでには時間がかかることに注意しましょう。
一般的にヘアサイクルは3ヶ月であるため、最低でもその期間は継続することが重要です。
半年以上使うことで多くの人が発毛効果を実感しています。

ミノキシジルを配合している海外の育毛剤は配合量が5%を超えるものもあり、リアップの配合量は決して多いものではないです。
しかし、多くなると効果が高くなるだけでなく、頭皮が荒れるなどの副作用も発生しやすくなります。
そのため、使用する際に過剰に塗布しないように注意しましょう。
また、安全性が高くても副作用が出ることはあるため、異常を感じたときは利用を中止して医師に相談した方が良いです。
薬でアレルギーが出たことがある人も事前に相談した方が安全です。