• ホーム
  • 女性の薄毛の原因はホルモンバランスにあった

女性の薄毛の原因はホルモンバランスにあった

櫛で梳かしている男性

女性の薄毛の原因はホルモンバランスにあります。
ホルモンバランスはデリケートですから、ストレスや薬の服用などちょっとした変化によってもバランスが乱れてしまいます。
ちょっとしたホルモンバランスの乱れも薄毛の原因になりますが女性にとっての変化はそれだけではありません。
出産と閉経という大きな変化があります。

出産による薄毛は妊娠中と出産後のホルモンバランスの変化の影響です。
妊娠中は女性ホルモンが増える影響で髪も増え、それが出産のタイミングで一気に抜け毛となるために起きます。
出産後は1年くらいかけてホルモンバランスが戻っていきますので、それに伴い抜け毛の問題も解消していきますので心配は要りません。

更年期になり閉経を迎えるタイミングでのホルモンバランスの変化は出産とは違います。
女性ホルモンの分泌そのものが減ってしまいますので、待っていても改善することはありません。
病気ではありませんが何らかの対策をしないと薄毛の改善は難しいものがあります。
改善のためには育毛剤を使用するなどの対策が必要です。

年齢と共に髪は細くなり、ボリュームが無くなっていきます。
そのままにしていては薄毛を改善することはできません。
またFAGAを発症される方もいらっしゃいますので適切な治療が必要となる場合もあります。

FAGAはAGAの女性版である女性男性型脱毛症のことです。
男性型脱毛症であるAGAは、男性ホルモンが酵素の悪影響を受けて髪の成長を妨げ、薄毛が進行する症状です。
女性も男性ホルモンは分泌されますので、遺伝的に影響を受けやすい方の場合、AGAと似た症状が見られることがあります。

年齢や閉経などの影響により女性ホルモンの分泌が減少すると男性ホルモンの割合が多くなるためFAGAの症状が出てくる方がいらっしゃいます。
FAGAの症状が気になるなら専門の病院を受診しましょう。
投薬など体の内側からアプローチする効果的な治療を受けられます。

年齢別、女性の薄毛におすすめの対策法

年齢により女性の薄毛におすすめの対策は変わってきます。
女性の薄毛対策では生活習慣を整えストレスを溜めないことが基本です。
それを踏まえた上で適切な対策をしましょう。

若い方の場合には悪い生活習慣が原因である可能性が高いです。
規則正しい生活や栄養バランスのよい食事、適度な睡眠時間や適度な運動、ストレスを溜めないといったことを心がけましょう。
生活習慣を整えることでホルモンバランスの乱れを防ぐことができます。

出産による薄毛は時間と共に解消が期待できます。
授乳などがありますので、薄毛になったからといって慌てて薬などに頼るのはよくありません。
育毛剤を使用するのなら授乳中でも使えるものを選ぶなど安全な対策をしましょう。

閉経を迎えて薄毛になってしまったときには、FAGAかどうかを見極めることが必要です。
FAGAの場合には男性ホルモンが酵素の悪影響で脱毛を促す物質に変わるため、そこを治療しなければいけません。
FAGAの治療は専門の病院で受けることができます。
遺伝的に薄毛の方はFAGAの可能性が高いです。
髪が多いうちのほうが効果的な治療を受けられますので早めに相談してみるとよいです。

女性の薄毛には女性ホルモンが大きく関わっています。
女性ホルモンと似た働きをしてくれる大豆イソフラボンを積極的に摂ったり、女性ホルモンの補充療法を受けたりすると効果的です。
女性ホルモンの補充療法は婦人科で受けることができます。
更年期が辛い、薄毛が気になる、といったデリケートなお悩みは婦人科のほうが相談しやすいという方もいらっしゃいますので、まずは婦人科で相談してみるという方法もあります。

閉経以降は自分の努力だけで女性ホルモンを増やしてバランスを整えるのは難しいものがあります。
婦人科やFAGAの専門病院で相談するなど専門家を頼るとよいです。