• ホーム
  • ミノキシジルは本当に薄毛に効果あり?

ミノキシジルは本当に薄毛に効果あり?

薬を持っている男性

ミノキシジルは薄毛治療に効果のある成分です。
高血圧の治療薬として開発された内服薬を使用した患者に増毛が起きていたため、この作用を利用した薄毛治療用の外用薬が作られました。
そのため、通常の使用方法は育毛剤などによる外用です。

ミノキシジルには血管を拡張して血流を良くすることで頭皮に栄養が届くようにし、成長因子を促して発毛を促進する作用があります。
これにより薄毛を改善できますが、症状が進行している場合には効き目が弱く感じる場合もあります。

基本的にミノキシジルには発毛を促進して増毛させる効果はありますが、抜け毛を抑える効果はあまりありません。
抜け毛の方も対策していないと、いくら毛が生えてきてもすぐに抜けてしまうので改善できないことが原因です。

この不足している効果を補うために併用されるのがプロペシアです。
こちらは抜け毛を引き起こすDHTの生成を抑えるために、5α還元酵素の働きを阻害します。
ただし、プロペシアは発毛させる効果がありません。
そのため、ミノキシジルと併用すると効果的な薄毛の治療を行えます。

ミノキシジルを含んでいる育毛剤は日本でも承認された製品があり、配合量は1%と5%の2種類です。
量が増えると頭皮が荒れる、血圧が下がるなどの副作用が出る危険性も高くなるので、最初は1%から試してみると良いでしょう。
処方は必要ないため、ドラッグストアや大手通販サイトでも販売されています。

育毛剤でミノキシジルを外用する場合、頭皮から成分を吸収させるので効き目はあまり強くないです。
そのため、タブレットを使って内服するという方法もありますが、こちらは育毛剤よりも注意が必要になることを理解しておきましょう。

タブレットは日本では未承認の薬なので個人輸入代行業者を通して購入できますが、薄毛の治療薬ではありません。
薬に記載されている使用方法は高血圧の治療に用いるものなので、それを守って服用すると副作用が出る危険性が高いです。

ミノキシジルの血圧への影響は?

ミノキシジルは高血圧の治療に使用される成分であり、血管を拡張する作用があるので血圧が下がります。
ただし、育毛剤で外用する場合には頭皮から吸収させるため体内に届く量は多くありません。
用法用量を守っていれば体調に影響が出るほどの異常が出る危険性は少ないです。
育毛剤には様々な成分が配合されているため、ミノキシジルを含むそれらの成分が頭皮に合わずに荒れることはあるため、おかしいと感じたときは利用を中止しましょう。

タブレットで内服する場合は大きな影響が出る危険性があるので注意が必要です。
薄毛の治療で使用する量は少ないので安全であるとする声がありますが、個人差があります。
また、そもそも素人には適切な使用量が分かりません。

個人輸入代行業者では薄毛治療薬としてタブレットを扱っていることもありますが、海外でもこの薬は高血圧の治療薬の扱いです。
説明書きにある用法用量は高血圧に対して使う場合のものなので、そのまま使えば血圧が下がって低血圧の症状が出る恐れがあります。

適切な使用量は人それぞれであるため、医師の指導に従うのが安全です。
ただし、日本では未承認薬なので一般的な医療機関では処方されません。
そのため、AGA専門クリニックを受診して相談しましょう。
個人輸入では偽物や粗悪品が混入する恐れもあるため、処方してもらうのが安全な購入方法です。

また、AGA専門クリニックを受診するのであれば、ミノキシジルを含んでいる他の育毛剤の利用を検討しても良いでしょう。
市販されているものとは異なり、独自の成分も配合した育毛剤の取り扱いがあります。
金額は高くなりますが、治療効果もあるので確実に改善させたい人には適しています。