• ホーム
  • ミノキシジルとプロペシアは併用可能です

ミノキシジルとプロペシアは併用可能です

ミノキシジルとプロペシアは、どちらもAGAの治療薬として使われており、治療薬をより効果的にするためには併用することも良い選択です。

プロペシアの成分のフィナステリドとミノキシジルは、アメリカの公的機関のFDAが発毛効果があると認定したことで、注目が集まった治療薬です。
アメリカのFDAは日本の厚生労働省のような役所で、薬の認定をしているという点では同じです。

プロペシアやミノキシジルを使って治療を行うAGAは、男性型脱毛症とも言います。
男性で抜け毛や薄毛に悩みを抱えている人は少なくありませんが、抜け毛や薄毛の原因はストレスや遺伝という場合もありますが、AGAの場合は成人男性の多く見られる脱毛症で、日本では1000万人以上の人が抜け毛などの悩みがあり、その殆どはAGAとも言われています。
正常なヘアサイクルは成長期が2~6年で時間をかけてしっかりと成長をしていき、正常はヘアサイクルであれば薄毛になることはありません。
この正常なヘアサイクルを乱すのがDHTという男性ホルモンの一種です。
AGAになった場合のヘアサイクルは、成長期が数か月から1年程度となり、毛周期が早まってしまい毛が成長できずに細く短い髪の毛が増えてしまいます。
DHTは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きで変化し、このDHTは毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結びつき、髪の毛のヘアサイクルを乱します。

AGAの原因は男性ホルモンの一種が影響しており、市販の育毛剤などでは改善することが難しく、また治療せずに放置すると進行するため、髪の毛が全て抜けてしまう可能性もあります。
治療をする場合は、抜け毛が気になったら早めに専門クリニックなどを受診し治療を開始することが改善を早める方法でもあります。

AGA治療薬であるミノキシジルは、日本でも市販では発売されている育毛剤などに主成分として配合され、人気があるものもありますが、ミノキシジルのみを使用しているだけではAGAの改善は難しいため、プロペシアと併用して治療をするクリニックも多いです。

ミノキシジルとプロペシア、違った角度からAGA治療

AGA治療には欠かせない治療薬のミノキシジルとプロペシアは、併用して使うことでより治療効果が期待できますが、薄毛や抜け毛を改善するという事では同じ効果が期待できますが、作用の仕方はそれぞれ違った角度からAGAの治療が可能になります。
医薬品を使用する際は、同様の効果が見込まれる薬は重複して投与することはないのですが、作用機序が異なる場合には体への負担は少なく、併用することでより高い効果がある場合もあります。
AGAの治療でミノキシジルとプロペシアを併用して使うことで、プロペシアとミノキシジルの良い効果をどちらも得ることが可能になります。
プロペシアは5αリダクターゼの働きを抑制する効果があり、テストステロンがDHTに変換されることを抑制します。

DHTが脱毛するように発しなくなり、徐々に正常なヘアサイクルになり、毛周期の成長期が通常に戻ることで、成長期が短縮して細く短い髪の毛しか生えなかった状況から、強く太い毛が生えるようになります。
ミノキシジルは、プロペシアの作用に強力にサポートして発毛する力をさらに高めることが可能です。
強力なサポートとは、毛根に続く毛細血管を拡張して、血液の量を大幅に増やして、新たな毛細血管を作り毛根へ栄養補給を促します。
頭髪の脱毛傾向から発毛力が優位になる形成にすることが出来ます。

ミノキシジルとプロペシアは併用することができます。
併用で使用する場合、どちらを先に使うと良いか疑問に思うこともありますが、薄毛がそれほど進行していない場合は、プロペシアを服用して薄毛の原因を抑制し、薄毛の進行を食い止めてからミノキシジルを使って発毛を促すという順番は、より併用効果を高めることが期待できます。