• ホーム
  • フィンペシアの効果的な使い方とその効果

フィンペシアの効果的な使い方とその効果

鏡を見ている男性

フィンペシアの効果的な使い方は長期的に使用を続けることです。
男性型脱毛症であるAGAの治療薬で効果が認められているプロペシアのジェネリック(正確には特許満了前であるためコピー薬)であり、有効成分は同じフィナステリドです。
この成分は抜け毛を引き起こす要因になるDHTの生成を抑えるために、5α還元酵素の働きを阻害する作用があります。
その結果抜け毛が減って薄毛が改善されますが、急激に効果が出るわけではありません。
1か月程度で効かないと考えて中止しないようにしましょう。

フィンペシアはコピー薬でも成分の面ではジェネリックと考えてほぼ支障はありません。
実績のある大手製薬会社の製造している薬であり、開発費が不要になっているため価格が大幅に安いのが特徴です。
長期的に利用するときには費用負担が問題になりますが、この解決ができるためフィンペシアは男性型脱毛症であるAGAの治療薬として人気です。
プロペシアと有効成分が同じであるため、使い方や副作用に関しても注意点は同じになります。
多く摂取すれば効果が高くなるわけではなく、フィナステリドの薄毛治療目的で摂取できる1日の上限は1mgまでです。
これを超えると勃起不全や性欲減退等の副作用が出る危険性が高まるため、用法用量は守って使いましょう。

フィンペシアは国内では承認されていない薬であり、一般の医療機関では処方されません。
AGA専門クリニックか、個人輸入代行業者を使って通販の形式で購入が可能です。
通販の方が通院の手間や診療費が不要になるので安いですが、偽物を送付してくる悪徳業者も存在しているので注意が必要です。
口コミなどで評判を確認して信頼性が高いところから購入しましょう。
未承認薬であるため、副作用が出たときに公的な救済制度が受けられないことも理解した上で利用する必要があります。
そのためにも最初は医療機関で診察を受けて使い方の指導を受け、プロペシアを使って異常が起きないか確認しておくと安全です。

フィンペシアで抜け毛が改善するまでにかかる期間は?

フィンペシアで抜け毛が改善するまでにかかる期間は個人差があり、効果が実感できるのは早い人では3か月です。
1年以上使い続けてから効果が出るケースも少なくありません。
また、改善と満足ができる状態になることは別であることに注意が必要です。
長期的に使い続けるほど効果が高くなる特徴があり、1年から3年以上は必要になると考えた方が良いでしょう。

3か月以上使っていても効果が感じられない、特に初期脱毛も起きていない場合にはフィンペシアが体質に合っていないことも疑った方が良いでしょう。
遺伝的な要因で効き目が弱い人もいるため、使い続けてもあまり意味がありません。
この場合は他の薬に切り替える必要があります。

初期脱毛はフィンペシアを使ったことで乱れていたヘアサイクルが正常化し、新しい毛が生えることで古い毛が押し出され、一時的に抜け毛が増加する現象です。
これも症状が出る時期には個人差があり、使い始めてから2週間から1か月程度で起きる場合が多いです。
一時的なものなので慌てて中止する必要はありません。
そのため、初期脱毛が起きていないとヘアサイクルが乱れたままである可能性があります。
遺伝子検査をすれば確認が可能です。

薄毛の改善が見られた場合でも、そこでフィンペシアの利用を停止すると再び抜け毛が起きてしまうことにも注意しましょう。
有効成分のフィナステリドは妊婦は触れることも禁忌とされるため、子作りするときなどは一時的に休止しても良いです。
あくまでも飲んでいる間だけ抜け毛を抑えられるものであり、薄毛を完治させるものではありません。
完全に使用をやめるのはAGAが進行しても良いと考えたとき、または重篤な副作用で継続できなくなったときになります。