• ホーム
  • フィンカーは初期脱毛が起こる?

フィンカーは初期脱毛が起こる?

脱毛の原因を特定するのは難しいため、髪の毛が抜けてきたときは早めに医療機関を受診して専門の検査を受けることが大切です。
さまざまな方法で脱毛に対処することができますが、正しく原因を把握してから対処しないと効果は薄くなってしまいます。
とりわけ男性に多く見られる脱毛は男性型脱毛症という症状です。
男性型脱毛症はAGAとも呼ばれている典型的な脱毛の症状で、AGAに対処するためには専門外来を受診するのが基本になります。

男性型脱毛症の症状を誰かに相談するのは恥ずかしいと感じる人が多く、専門外来を受診するのも躊躇してしまうことがあります。
とはいえ自然に髪の毛が元通りになることはなく、時間が経てば経つほど脱毛の症状は悪化するため注意が必要です。
ただし、専門外来に行くことができないからといって諦めることはありません。
フィンカーというAGA治療薬を飲む方法もあるのです。
医療機関で処方してもらうのが基本ですが、通販で購入することもできます。

フィンカーを服用するときには、注意しなければならない点があります。
それは、AGAの症状を改善させるために服用するにもかかわらず、初期脱毛が起きてしまうことがある点です。
髪の毛のボリュームを増やしたいと思っているのに、薬を飲んで抜けてしまうのでは飲む意味がないように感じられます。
このことを知らずにフィンカーを飲み始めると、脱毛のスピードが上がったように思えて慌ててしまうものです。
しかし理由が分かっていれば安心できます。

育毛を考える上ではヘアサイクルを意識することが大切です。
髪の毛は成長・退行・休止という3つのステップを経て成長します。
フィンカーを飲んで抜けるのは、最後の休止の段階になった髪の毛です。
休止は抜けるのを待っている段階なので、ここで抜けることには問題がありません。
フィンカーの持つ育毛につながる効果が発揮するために欠かせない過程で、この初期脱毛が起こることで徐々に育毛の効果が期待できる状況が作られます。

AGA治療薬フィンカーの成分を徹底検証

AGA治療薬として用いられるフィンカーは、最初に誕生した薬ではありません。
最初はフィンペシアという薬が開発され、そのジェネリック医薬品として開発されたのがフィンカーです。
ジェネリック医薬品は最初の薬と比べて開発費が安く抑えられるため、販売価格が安くなる特徴があります。
育毛のための薬は長く飲み続けるものですが、健康保険の適用がありません。
少しでも価格の安いジェネリック医薬品が欲しいと思うのは普通です。

価格が安いジェネリック医薬品は、もとの医薬品と比べて効果が薄いのではないかと思われがちです。
しかし配合されている成分は同じなので、期待できる効果は基本的に変わりません。
安い価格で同じような効果を目指せるため、ジェネリック医薬品が注目されているのです。

フィンカーに配合されているのはフィナステリドという成分です。
もちろんフィンペシアにもフィナステリドが使われています。
ただしフィンペシアに配合されているのが1mgなのに対し、フィンカーには5mgが配合されているのが特徴です。
配合量が5倍になっているのに価格は2倍未満なので、価格が安いとされています。

フィンカーを服用することで髪の毛のボリュームアップを図ることができますが、気をつけなければならないのは副作用の問題です。
ただし、フィンカーがAGA治療薬だから副作用のリスクがあるのではなく、どのような薬でも副作用のリスクがあります。
フィンカーを必要以上に危険視するのは無意味です。

副作用のリスクを軽減させるには、服用方法を正しく理解することが欠かせません。
フィナステリドを大量に摂取しても、AGAの症状が一気に改善することはないのです。
適切な量のフィンカーを服用し続けることが育毛につながります。